« 春分の日もすぐそこです | トップページ | 明日は春分の日です »

細かいところのミスを指摘されています

みなさまこんにちは。

全員でのカバーサッシ工事もそろそろ終わるころと思います。

先ほどあるお客様から連絡が入り雨戸交換の現場なのですが、調整ができていないこととサル穴が乱雑にいくつもあいていますとの指摘あり。

あけ過ぎた穴にはテープの補修をしたようです。

この様な作業は決してやってはいけないことです。

同じお客様の別現場でも雨戸のサル鍵を裏表逆につけてしまったりと続いているのです。

作業担当を替えてくださいとまで言われ、替えていかせたのですがはたまたこの注意です。

元受の社長さんからは私自身確認に行くようにとの指示です。

明後日には向かうようにしました。

ガラス交換時の網戸の再設置の間違い、指示受けたにもかかわらず別な位置に取り付けた網戸など、このように細かいことの指摘がここにきてとても多いのです。

私に対する報告ではこのようなことは一切なくて完了の連絡だけなのですが、お施主様からの指摘でこのようなことが連続なのです。

如何に細かいメンテ工事を正確にこなしていくことが大事か、明日のミーティングで話してみようと思います。

全員で考え方、方針、指針を共有することは大事なことです。

たった今カバーサッシの現場が終わったようです。

そのまま上がってもらうことにしました。

比較的に纏まっている本日のような現場ではこのようなことはほとんどありません。

大きな現場でも小さな現場でも気の持ち方、向かい方は一緒でなくてはいけません。

細かい現場の方が信用を落としてしまうのは早いものなのです。

私自身の反省でもあります、もっとすべてに声をかけて注意を喚起すべきでした。

私もこれで上がります。

また書きます

|

« 春分の日もすぐそこです | トップページ | 明日は春分の日です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 細かいところのミスを指摘されています:

« 春分の日もすぐそこです | トップページ | 明日は春分の日です »